風景から感じる青森の特徴

e0066772_10362366.jpgこの川は「平川」といったと思いますが、土地利用が非常にゆったりしています。河畔林があり、遊水池的な遊び地もあるようです。河川にスペースを与えています。高知では国分川ぐらいの大きさでしょうか。河川改修もされているということですがだいぶん国分川とは違いますね。平野が広いということもあるのでしょうが農地がそれほど川に迫っていません。
e0066772_10401823.jpgそれと以前にも見せたこの「杭刺し天日干し」ですが、バスから見る限り、平地の田んぼの約3割はこの天日干しです。高知の平地で天日干ししている田んぼを見かけることはほとんどありません。
川の土地利用の仕方といい、平地での天日干しといい、何となくいい意味での余裕を感じます。「時間がゆっくり感じる」と前回表現しましたが、このあたりからくるのでしょうか。
[PR]
by taiga_n | 2005-10-12 10:48 | 風景


<< 空の上の楽しみ 弘前の昼 >>