内子の「道の駅」

以前「ヤシーパーク」の林のつくり方に対比させた内子の道の駅「からり」です。
e0066772_20313063.jpg直販所からレストランに向かう通路の雰囲気です。右側に工房があり、左側に小田川が流れている川沿いの道の駅です。国道は工房の後ろ側にあり、国道に背を向け、フロントを川に向けています。
e0066772_20344018.jpg「里山の雑木林の中にある道の駅」をコンセプトにしていますね。故に道の駅内の樹木は在来種の広葉樹が多く川の向こう側の里山と同じような植生にしています。
e0066772_20402851.jpg とても落ち着くため昼食時には弁当を食べる方々でベンチは一杯になります。私も時々利用します。
e0066772_20403458.jpgレストランへ向かうもう一つの道です。花の咲く明るいチップロードです。ちょっと高い道です。
e0066772_20444735.jpg坂を下りてくると、今歩いてきたチップロードはパン工房の屋上でした。下におりるまで気づきません。なかなか工夫してますなあ。直販所、パン工房、レストランと連続しているのですが、このパン工房は屋上に自然の小道を乗せているため目立たず雑木林にとけこみ、雑木林を阻害していません。実に上手なつくり方です。
e0066772_20522957.jpg川側から見ても雑木林で建物を隠しています。 中に居ても外に居ても、里山を意識させるようつくられています。
フロントを川に向ける、里山を意識する等「自然と共生」させるという強いコンセプトが感じられるとてもよくできた「道の駅」だと思います。海沿いと川沿いの違いはありますが、西南大規模公園の道の駅、ヤシーパークの道の駅等このあたりを見習ってほしいものです。
e0066772_2105552.jpg旧五十崎町の小田川沿いの風景です。
[PR]
by taiga_n | 2005-11-03 21:03 | 風景


<< 本川の紅葉 津野山街道 >>