ダッシュ村を地でゆく里山

土佐町の芥川地区を視察する機会を得ました。そこには懐かしい未来がありました。
e0066772_22301957.jpg舗装されていない林道のコーナーを曲がると、小さな盆地がの中に一軒家が現われました。「お~!」皆の声が歓声に変わりました。まさしくダッシュ村がそこにありました。
e0066772_22343513.jpg上から見るとこんな感じ。ここの主人のTさんは林業、農業、製材、観光いろいろな業をこなす複業家です。奥に見えるは田んぼで合鴨農法の無農薬栽培です。田んぼの向こうの傾斜にはシキミやサカキです。お茶もあります。下の屋根は製材所と木工所です。
e0066772_22422064.jpg山は杉檜中心に有用雑木もあります。作業道脇は刈りワラビ、フキ、タラ等。写真のようにモミ、ツガ、ヒメシャラ等の大木は残してあります。美しい森です。
e0066772_22465810.jpg母屋はきれいに手入れされています。
e0066772_22481731.jpg田んぼの中の水たまりにおたまじゃくしがうようよいました。
e0066772_22495538.jpg一山越えたところに。(この峠も趣があります)
e0066772_2251556.jpgこのような小さい集落が出てきました。ここもまた美しい。
e0066772_22524338.jpgこのような懐かしい水路が残っていました。
「奥ふかき芥川」です。
[PR]
by taiga_n | 2006-03-13 22:54 | 風景


<< さくら?桜 白濁した川 >>