カテゴリ:風景( 55 )

久々の四国脱出

e0066772_1430285.jpg朝6時半の桂浜道路です。雲が秋ですな。眠いのを我慢しながらの運転です。本日は久しぶりに四国外へ脱出します。下は上空からの雲模様。e0066772_14362125.jpg
e0066772_14393649.jpg天気がよく、久しぶりに富士山を見ました。
e0066772_14401311.jpgこれは東京・川崎上空の写真です。灰色の膜が張っているのがわかりますでしょうか。これからこの膜の中へランディングします。手前は木更津あたりか。朝飯を食っていませんでしたので“膜”の下でざっとした食事をしました。しかしこれで575円です。高い!e0066772_14475057.jpg
[PR]
by taiga_n | 2005-09-30 14:48 | 風景

建設バブル

建設工事ラッシュであたかも“建設バブル”が到来している町があります。e0066772_21283797.jpg
役場は基礎工事中。ふれあいセンターは完成済み。e0066772_21293971.jpg
e0066772_21303557.jpg商店街も軒並み新築中です。既に新築されている家もかなり。思わず「一体この町はどうなっちゅうがな!」
そうなんです。じつに景気のいいこの町は梼原町です。商店街を突っ切る国道をこの町は拡幅することにしました。ふれあいセンターも商店街も皆、補償+αで建築しています。国土交通省も全面バックアップ。役場だけ町の予算を投入しているとのこと。さすが梼原らしいですな。
e0066772_21412423.jpgこの広さで国道が貫通します。e0066772_21432755.jpg

嫁さんの実家もなくなりました。庭の木が2本だけ残っています。
e0066772_2147415.jpg昭和の時代を色濃く残したこれまでの商店街。e0066772_2149347.jpg
まもなく大きく変化するでしょう。近代化された商店街、古さを残す商店街、皆さんどちらがよろしおます。
[PR]
by taiga_n | 2005-09-22 21:50 | 風景

四万十の初秋

大野見から窪川へ抜ける“北辰”の道。e0066772_937031.jpg
四万十川のキシツツジです。大野見村役場のすぐ上流です。かなりの群落になっています。沈下橋とマッチして美しいところです。
e0066772_9395649.jpgこの川沿いの道が拡幅されることになっています。高知大の石川教授の尽力で保全する工法がとられる予定ですが、かなり影響を受けることは必至のようです。さあ、どのような風景に変わるか。
e0066772_945894.jpg大野見は農村風景が実に美しいところです。今は穂が黄金色に実り一段といい時期ですね。e0066772_946214.jpg
e0066772_9472326.jpg窪川に入ってもこんな感じです。e0066772_9493691.jpg
e0066772_950452.jpg農協の建物も味がありますね。日本農業新聞、焼畑ではお世話になりました。e0066772_9524681.jpg
[PR]
by taiga_n | 2005-09-15 09:51 | 風景

伊尾木

本日の昼食は「いおき家」といううどん屋で食いました。e0066772_1662396.jpg
食べたのは「ぶっかけ中」です。e0066772_1671860.jpg
高知県内ではそこそこのうまさではないかと思いますが、以前「おおのたまらんミステリーツアー」にて「おそるべし讃岐うどん」を堪能したものにとっては、ちょっと物足りなさが残りました。
このお店安芸市の国道沿いにありますが、腹張って少し眠かったので国道にすぐ出るのがためらわれたため、裏通り(たぶん旧街道)へ出ますと、なかなかおもしろい通りがありました。e0066772_161752.jpg
まず、なぜか「寅さん地蔵」、このあたりにはおもしろい人がいるようですな。
e0066772_16274871.jpg
変わった石垣です。
e0066772_16291675.jpg
こういう格子戸が各家に結構ありました。他伊尾木洞もあります。なかなかユニークな通りです。
[PR]
by taiga_n | 2005-09-08 16:35 | 風景

台風一過の夕焼け

e0066772_7321282.jpg台風一過の澄んだ空での夕焼けは美しいですね。仕事帰り思わずシャッターを切りました。
e0066772_7352224.jpg鏡川と三日月が、またいいアクセントでした。
[PR]
by taiga_n | 2005-09-08 07:38 | 風景