カテゴリ:人物( 9 )

菅原文太氏

e0066772_16275084.jpg
先日、俳優の菅原文太さんと話す機会がありました。圧倒的な迫力がありますが、実に優しい目をされている方でした。昨年NHKの「ETV特集 菅原文太 ながぐつの旅~もう一つの日本は可能か~」という番組を見て感銘を受けました。以下その番組の概要です。
■俳優の菅原文太さんは、現在、岐阜県高山市に暮らす。何事も東京中心で、目先の利益や便利さを追い求める現代日本に疑問を持ち、5年前、山深いこの地に定住を決めた。
 便利さや目先の利益を追わない「もう一つの日本」を築く必要があるのではないか。番組では、そのヒントを求め、日本各地を旅する。

 青森県むつ市。戦後、イカ釣りの大型漁船が停泊出来る巨大な漁港を造り、自然の磯場が失われていった。住民たちは、量を追い求めたことを反省し、行政も巻き込んで、昔ながらの磯場を復元させた。
 山口県防府市。担い手が無く荒れ果てた棚田や山林を、たった一人で再生する取り組みがある。パートナーは牛。棚田や山に放牧し雑草を食べさせ、下草狩りの手間を省く。ふんは土地を肥よくにし、更に、歩き回る牛は元気になり長生きし、子供をよく産む。
 秋田県上小阿仁村。林業が低迷し過疎が進む中で、合併を拒否し自立を貫く。村民同士の結びつきが強く、協力し合い農業や養鶏に取り組む。また利益を生まない森林も、次世代に受け継ぐために共同で手入れしている。
[PR]
by taiga_n | 2006-05-02 06:35 | 人物

愛媛県横断

e0066772_20293338.jpg2日かけて愛媛県を横断しました。川之江から入り、松山で一泊し、一本松より出ました。写真は宇和海です。めちゃくちゃ強い風が吹いていました。
e0066772_20332379.jpg松山で一仕事終え、自然派の方々と「ゲテモノ食い会」に参加させてもらいました。村主章枝似の美人もおりました。
e0066772_20384266.jpg釣りきち、教授、キャンプのプロ多士済済で楽しい飲み会でした。
[PR]
by taiga_n | 2005-12-26 20:40 | 人物

地域の元気応援団と県会議員

橋本県知事の提案で始まった地域支援企画員。私もいろいろ地元にて活動していますが、彼らの存在なくして今の活動は語れません。彼らが住民と行政、行政と行政(県と市町村、市町村と国等)また、住民と住民のコーディネート等をしてくれるため、いろいろな地域づくり活動、環境保全活動がスムーズに展開できています。まだ手探り状態のところもあるでしょうがこの制度の効果を肌で感じている地域住民は多いはずです。
しかし、よく考えてみるとこういう事をやらなければならないのは本来、県会議員や市町村議員の仕事です。議員が住民に自ら接してくるのは選挙のときだけですね。当選し、行政のえらい手から「先生」と呼ばれだすと、住民とところに自ら通う人は激減します。ふんぞり返って話を聞いちゃお、ぐらいなものです。いまだに、地域づくり活動を馬鹿にし、公共事業を引っ張ることがエライと我々の活動を馬鹿にする議員もいるほどです。故に議員が自分の仕事をしないために、知事がしかたなく県庁職員を各地域に派遣したというのがこの制度の本当の事情ですね。地元でも地域づくり活動に理解を示し支援してくれている議員はたった一人という現状です。まったく困ったものです。昨年ある県議団が元気応援団制度を廃止するよう迫ったことがありましたが、とんでもないですね。県会議員と地域支援職員は地域に同じくらいいるはずですので、地域別にどちらが住民に役立っているか比較表を作って公開してみてはいかがでしょう>けんちゃん
[PR]
by taiga_n | 2005-10-04 07:22 | 人物

橋本知事の師匠

橋本高知県知事は情報発信の重要さを認識され、以前はメールマガジンを発行し、最近はブログを立ち上げております。マスコミの方々は朝一に知事が何を発信しているかチェックするのが日課になっていると聞きました。
先日、この橋本知事にメールマガジンを教えた「メルマガの師匠」の方と、ブログを教えた「ブログの師匠」のお二人と一杯やる機会がありました。じつに前向きなお二人、類は類を呼ぶのか、似た者同志というか、白熱した議論になりました。あまりの迫力に店員さんもなかなかテーブルによう近づかん感じで、注文しても酒が出てこないのですが、それをも忘れて会話が続きました。このお二人まだ、一緒に何かやっているわけではないのですが、今後是非協働されんことを望みたいものです。
[PR]
by taiga_n | 2005-09-24 20:17 | 人物

ポット苗

以下の写真なんだかわかりますか?e0066772_22481545.jpg
小さい写真は年数経ったものです。e0066772_22484296.jpg
高知県が進めている「木の香る道づくり」です。最近では四万十流域だけでなく他の地域でも見られるようになりました。年数が経つごとに山に帰っていく様子が良くわかります。とてもいい事業です。しかし問題もあります。植えられた木が地元のものでないことがよくあります。地元にまったくない木が植えられたり、まったくよその木が植えられたりしています。これは、その山の生態系を崩したり、景観を壊したりし、よいことではありません。供給のシステムができていないのが原因です。これを解決する仕組みを構築されている方がいます。e0066772_2258926.jpg津野町の社会福祉協議会の熊田光男さんです。熊田さんはかつて「河川近自然工法」高知への導入に貢献された先駆者でもあります。
e0066772_2341517.jpg熊田さんはかつてのスイス研修からヒントを得、障害者の方の働く場として、ポット苗作り農園「どんぐり農園グリューネ」を立ち上げました。
現在、町の道路工事ではどんどん使うわれ、かなりに収入になり、きちんと給料が払えているとのこと。しかし、県の「木の香る道づくり」はまだ使ってくれていないのです。県は早急に対応すべきでしょう。また、他の市町村も真似をすべきです。「木の香る道づくり」の先の問題の解決になります。今の部署に来て1年も経っていませんが着実に、地域密着、弱者保護に成果を出している熊田さん、さすがです。種となるどんぐりを山に探しにいくのも、とても楽しいと言っていました。
e0066772_2314847.jpgタラのポット苗が並んでいました。クヌギ、ケヤキ、山桜、等がきれいに成長しています。e0066772_23173513.jpg
私も思わず、いくつかポット苗を買ってしまいました。ちなみに一つ250円。安い!
[PR]
by taiga_n | 2005-09-21 23:19 | 人物

四万十の超ワイルドな男

この方、山田高司さんです。私が接した男で最もワイルドな方です。環境を地球規模で考え地域で実践されてる方です。e0066772_18113917.jpg
現在「四万十学舎」の副学長をやっております。東京農大の探検部出身で世界中の川をカヌー一つで探検してまわったそうです。
その探検中、世界の自然環境破壊の現場をつぶさに見てきたつわものです。自然環境破壊者は戦争と大企業とのこと!事実を正面から見てきた彼の話は相当な迫力があります。今でも、お金を貯めてはアフリカや中国へ自然再生活動に邁進しています。日本円での20万はアフリカの貧しい諸国では数千万の価値になるとのことです。
主フィールドをアフリカに置いている彼は、日本の外務省が未知のため、よう入れない場所に先遣隊として送り込まれるような役目を負わされることもあるとのこと。凄まじい人材です。外務省も利己的ですな。まあそれはそれとして。
とにかく彼は行動派です。一般の方が彼の言っている事をなかなか理解できないようです。それも当然生きてきた世界が違います。しかし理解されるまでがんばりましょう。(お互い)

e0066772_18295252.jpg四万十学舎の事務所の様子です。
四万十流域には人材豊富ですね。
[PR]
by taiga_n | 2005-09-19 18:30 | 人物

くらしを見直す会

ここは「くらしを見直す会」(中村市)のお店です。e0066772_20551537.jpg
環境を大事にする女性の城、アジトです。四万十流域の女性リーダーがひっきりなしに出入りしています。なかなか活気があります。時々私のようなお邪魔虫も受け入れてくれます。
e0066772_20593454.jpg リーダーの川村祐子さんです。行動力抜群で男をも凌ぎます。環境への感覚も抜群です。かの南寿吉氏も一目もニ目も置いているというから、その存在感がわかると思います。
e0066772_2162992.jpgこの日は幡多地域で実施している「エコライフフェアー」の準備で忙しそうでした。川村さんも県の循環型社会推進室との打合せを電話でしていました。
是非、幡多の環境運動をリードしてほしいですね。いやっ!もうリードしています。女性頑張れ!
[PR]
by taiga_n | 2005-09-18 21:13 | 人物

南寿吉先生

e0066772_16354988.jpg南先生めずらしく職場におりました。帽子かぶって仕事してるようです。ん~?e0066772_16362638.jpg
南先生は幕末研究家です。古文書も読めます。最近新聞に「中岡慎太郎から樋口眞吉宛の詩入りの手紙が見つかった」と報道されていましたが、発見したのが南先生です。寿吉先生、この幕末の志士樋口眞吉は龍馬の師匠的な存在であったにもかかわらず、無名であるところに目を付け、彼の出身地中村にて“樋口眞吉でまちづくり”を推進しておられます。先日NHKでも語りまくっていました。e0066772_1648992.jpg
大いに語る南先生。(手前には“メルマガの鬼”こと松本さんもいますね)
かつては、近自然林業、焼畑、かに、その他諸々研究しまくっていたと聞きます。とにかく引き出しの多い南先生です。さて今度は何が出る?e0066772_16552465.jpg
唯一残る樋口眞吉の写真です。
南先生の講演会の内容はこちら
[PR]
by taiga_n | 2005-09-16 16:56 | 人物

吾北の細川さん

先日、資料を渡す用があり吾北の細川さん宅を訪ねました。細川さんは「194元気塾」の塾長であり、仁淀川漁協の総務部長で、他いろいろの役目を担っており、いの町に於いては「地域づくり」の旗頭的な存在です。e0066772_23201832.jpg
自宅の庭先です。温厚で幅があり皆に慕われています。
e0066772_23233729.jpg写真は天然のうなぎです。細川さんは趣味多彩で、川釣り全般、猟(イノシシ、鳥)等自然相手の真剣な遊びは何でもやります。実は写真のうなぎいただきました。いや~最高!
e0066772_2327316.jpgしかし、そのうなぎを捕った川が、上流の残土置き場が台風で崩壊し、淵という淵が写真のように埋まって平たくなってしまいました。e0066772_23302494.jpg
これで、うなぎの棲家は壊れてしまったであろうとのこと。天災ではなく人災です。残念。しかし、細川さんの自然再生への執念は強く、8月に仁淀川漁協が結成以来初めてという仁淀川再生シンポがありましたが、細川さんあっての実施です。今後も一緒に頑張りましょう!e0066772_2337351.jpg
細川さんの自宅です。マニアックな場所にあります。見晴らしもいいところです。e0066772_23391654.jpg
[PR]
by taiga_n | 2005-09-11 23:40 | 人物