<   2005年 09月 ( 25 )   > この月の画像一覧

人混み(ゴミ?)の東京

弘前からとんぼ返りし、久しぶりに東京に泊まりました。e0066772_17204266.jpg
羽田への道中、東海道線の高架下です。ここではよくある光景です。大都会に住んでいると浮き草の上を歩いているというか、地に足がついていない感覚が常にありましたね。どこに自分の存在感があるのかわからなくなりましたね。今回人混みの中を足早に歩く人の顔を見て思い出しました。
e0066772_17332824.jpg友人が経営する弁当屋に立ち寄りました。マグロ丼と牛丼中心の弁当です。結構売れてます。
e0066772_17374117.jpgモノレールから多摩川河口の干潟が見えました。空から見た大東京です。こりゃ見えにくいですな。e0066772_17404610.jpg
e0066772_17421653.jpgおまけに駿河湾と富士山です。
[PR]
by taiga_n | 2005-09-30 17:41 | 風景

一瞬の弘前

e0066772_16292250.jpg弘前城です。青森県の弘前に来ています。しかし、なんと1時間ほどしか滞在できません。仕事を片付け早くも、空港行きのバスへ乗車せんといかんのです。は~。e0066772_16341654.jpg
e0066772_16361771.jpg青森の田んぼの藁小積みです。杭に差し込んでいます。地方によりやり方が違いますね。おもしろい光景です。藁の使い方も違うのでしょうか。e0066772_16401824.jpg
e0066772_16412640.jpg空港から見る八甲田山です。11年ほど前に行った、酸ヶ湯温泉、谷地温泉、蔦温泉が懐かしく思い出されます。空に飛び立つ頃は夕焼けです。e0066772_16443919.jpg
e0066772_16445379.jpg弘前には「岩木山」という美しい山があります。その岩木山と沈む夕日です。e0066772_16475366.jpg
e0066772_16484742.jpg
八郎潟と沈む夕日です。しかしよく埋め立てたものですな。潟というから八郎潟は干潟だったのでしょうか。ばかでかい干潟、在りし日の姿はどんなだったのでしょう。
[PR]
by taiga_n | 2005-09-30 16:48 | 風景

久々の四国脱出

e0066772_1430285.jpg朝6時半の桂浜道路です。雲が秋ですな。眠いのを我慢しながらの運転です。本日は久しぶりに四国外へ脱出します。下は上空からの雲模様。e0066772_14362125.jpg
e0066772_14393649.jpg天気がよく、久しぶりに富士山を見ました。
e0066772_14401311.jpgこれは東京・川崎上空の写真です。灰色の膜が張っているのがわかりますでしょうか。これからこの膜の中へランディングします。手前は木更津あたりか。朝飯を食っていませんでしたので“膜”の下でざっとした食事をしました。しかしこれで575円です。高い!e0066772_14475057.jpg
[PR]
by taiga_n | 2005-09-30 14:48 | 風景

すわっ!タガメ?

友人より電話があり、タガメがおったと興奮気味。「写真を送るき確認を」とのこと。こちらもびっくりして写真を待ちました。(四国ではタガメは絶滅したといわれています)e0066772_17541897.jpg一瞬おっ!タガメかと興奮。しかしちょっと小さいぞ。専門家に見てもらうと 残念!「コオイムシ」でした。ガックリきましたが、無農薬で作ってる田んぼ故おったものと思われます。生物と共生する田んぼをもっと増やせば、タガメも復活するかも。
e0066772_1759611.jpg
[PR]
by taiga_n | 2005-09-27 17:59 | 生きもの

どんどんなくなる木造校舎

e0066772_1645245.jpgこの木造校舎は吾北(いの町)にある「清水第二小学校」(きよみずだい2)です。里山風景ともマッチし、なかなか保存状態のいい校舎です。
e0066772_16484217.jpgこの校舎は映画「絵の中のぼくの村」のロケ地に選ばれた学校です。見覚えのある方もおられるのでは。旧吾北村内にはこの学校も含め、4校木造校舎があります。県下最も多いと思います。
e0066772_1651667.jpg中の雰囲気もなかなかです。一度我々も勉強会に利用させてもらいました。とてもよかったですね。e0066772_1652348.jpg
この学校は健在ですが、実は最近まで「清水第一小学校」という、もう少し規模の大きい木造校舎がありました。この校舎も非常に雰囲気のいい校舎で時々ぶらりと立ち寄っていたのですが、数年前取り壊されました。廃校とともに維持管理予算が付かないとのことから取り壊されます。思い出の詰まった木造校舎をいとも簡単にどうして壊すのでしょう。先だっての猪野々小学校も清水第一小学校も跡地を特に利用することもないようなのに。本当にもったいないです。壊す前に利用者がいないか公募するなど工夫はいくらでもあろうかと思います。地域づくりにも十分活用できます。実に残念なことです。清水第一小学校の在りし日の建物を撮ったサイトがあります。
[PR]
by taiga_n | 2005-09-26 17:02 | 廃校

新子~メジカ~

e0066772_6434229.jpg久礼の近くで友人にばったり。「ちょっとお茶でも飲もう」となり、大正市場へ入りました。(リニューアルされてました)店頭に並んでいる旬の魚を見ていると、これを食べろう、ということになり、店のおばさんの「新子がうまいぜよ」のままに200円で新子の刺身を買い、ついでに“浜ちゃん食堂”で生ビールを調達し、露天のテーブルにて試食。これが「うまい!」旬の新子はじつにうまい。通りかかりのおんちゃんが「今これをくわいでどうするぜ」。
しかし、メジカの新子がこんなにうまいとは。メジカは時間がたつと味が落ちやすいため、「捕ってきてすぐ食べると、こじゃんとうまいわよ」とのこと。ちょうどいいときに通りかかりました。少々の時間でしたが、なかなか至福の時間を過ごしました。e0066772_653442.jpg
[PR]
by taiga_n | 2005-09-25 06:54 | スローフード

橋本知事の師匠

橋本高知県知事は情報発信の重要さを認識され、以前はメールマガジンを発行し、最近はブログを立ち上げております。マスコミの方々は朝一に知事が何を発信しているかチェックするのが日課になっていると聞きました。
先日、この橋本知事にメールマガジンを教えた「メルマガの師匠」の方と、ブログを教えた「ブログの師匠」のお二人と一杯やる機会がありました。じつに前向きなお二人、類は類を呼ぶのか、似た者同志というか、白熱した議論になりました。あまりの迫力に店員さんもなかなかテーブルによう近づかん感じで、注文しても酒が出てこないのですが、それをも忘れて会話が続きました。このお二人まだ、一緒に何かやっているわけではないのですが、今後是非協働されんことを望みたいものです。
[PR]
by taiga_n | 2005-09-24 20:17 | 人物

建設バブル

建設工事ラッシュであたかも“建設バブル”が到来している町があります。e0066772_21283797.jpg
役場は基礎工事中。ふれあいセンターは完成済み。e0066772_21293971.jpg
e0066772_21303557.jpg商店街も軒並み新築中です。既に新築されている家もかなり。思わず「一体この町はどうなっちゅうがな!」
そうなんです。じつに景気のいいこの町は梼原町です。商店街を突っ切る国道をこの町は拡幅することにしました。ふれあいセンターも商店街も皆、補償+αで建築しています。国土交通省も全面バックアップ。役場だけ町の予算を投入しているとのこと。さすが梼原らしいですな。
e0066772_21412423.jpgこの広さで国道が貫通します。e0066772_21432755.jpg

嫁さんの実家もなくなりました。庭の木が2本だけ残っています。
e0066772_2147415.jpg昭和の時代を色濃く残したこれまでの商店街。e0066772_2149347.jpg
まもなく大きく変化するでしょう。近代化された商店街、古さを残す商店街、皆さんどちらがよろしおます。
[PR]
by taiga_n | 2005-09-22 21:50 | 風景

ポット苗

以下の写真なんだかわかりますか?e0066772_22481545.jpg
小さい写真は年数経ったものです。e0066772_22484296.jpg
高知県が進めている「木の香る道づくり」です。最近では四万十流域だけでなく他の地域でも見られるようになりました。年数が経つごとに山に帰っていく様子が良くわかります。とてもいい事業です。しかし問題もあります。植えられた木が地元のものでないことがよくあります。地元にまったくない木が植えられたり、まったくよその木が植えられたりしています。これは、その山の生態系を崩したり、景観を壊したりし、よいことではありません。供給のシステムができていないのが原因です。これを解決する仕組みを構築されている方がいます。e0066772_2258926.jpg津野町の社会福祉協議会の熊田光男さんです。熊田さんはかつて「河川近自然工法」高知への導入に貢献された先駆者でもあります。
e0066772_2341517.jpg熊田さんはかつてのスイス研修からヒントを得、障害者の方の働く場として、ポット苗作り農園「どんぐり農園グリューネ」を立ち上げました。
現在、町の道路工事ではどんどん使うわれ、かなりに収入になり、きちんと給料が払えているとのこと。しかし、県の「木の香る道づくり」はまだ使ってくれていないのです。県は早急に対応すべきでしょう。また、他の市町村も真似をすべきです。「木の香る道づくり」の先の問題の解決になります。今の部署に来て1年も経っていませんが着実に、地域密着、弱者保護に成果を出している熊田さん、さすがです。種となるどんぐりを山に探しにいくのも、とても楽しいと言っていました。
e0066772_2314847.jpgタラのポット苗が並んでいました。クヌギ、ケヤキ、山桜、等がきれいに成長しています。e0066772_23173513.jpg
私も思わず、いくつかポット苗を買ってしまいました。ちなみに一つ250円。安い!
[PR]
by taiga_n | 2005-09-21 23:19 | 人物

早明浦ダム

早明浦ダム管理所の説明を受ける機会に恵まれました。最近は貯水率0%→一気に100%超になったことで話題になりました。台風の前に通常の貯水率があったならどうなっていたんでしょう。e0066772_21212687.jpg
満杯の写真と0%の写真が並んでいました。
e0066772_213116100.jpgダムの用途別に色分けされた絵でわかりやすく説明してくれました。e0066772_2133378.jpg
洪水調節用はだいだい色の部分。濃い青が発電用、青が徳島・香川等の用水・・・・ 愛媛県へも分水していると聞いていましたが、その意味も良くわかりました。
e0066772_2140077.jpg
コントロール室内部です。e0066772_21404950.jpg
e0066772_21415982.jpgダムの効果は良くわかりますが、下流の川は“わや”ですな。管理所の職員も苦情対応で大変でしょう。
[PR]
by taiga_n | 2005-09-20 21:44 | 森林