<   2005年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧

ちちくり

e0066772_851315.jpg成山の「ちちくり竹
e0066772_8524559.jpg成山の「ちちくり檜
e0066772_8533041.jpg高岡の商店街の「ちちくりコウヤマキ?」
“ちちくる”と価値が上がる?。
[PR]
by taiga_n | 2005-11-30 08:54 | 生きもの

仁淀川のトンビ

最近、波川周辺の仁淀川には、やけにトンビが集まってきます。
e0066772_14235435.jpg河原にも
e0066772_14241712.jpg空中にも
e0066772_14243729.jpgなにやら袋を持ったおじさんたちが。なぬっ!
e0066772_1425413.jpg袋からなにやら握ると、空中へ思い切って投げました。すると、地へ落ちるまでにトンビがやってきてキャッチしていきます。見事です。迫力もあります。時にはトンビ同士がけんかを始めることも。
なんとこのおじさんたちトンビを餌付けしていました。やりますな。
[PR]
by taiga_n | 2005-11-26 14:28 | 生きもの

大きくな~れ

e0066772_20391890.jpg
e0066772_20395055.jpg
[PR]
by taiga_n | 2005-11-25 20:40 | スローフード

程野谷川の砂防工事

程野に砂防堰堤下の流路を、コンクリートを使わずに自然石の石組みで施工している箇所があります。かなりの急傾斜のところをコンクリを使わないというのは非常にめずらしいのではないでしょうか。昨年の台風、今年の台風でも全く壊れることなく機能を維持しています。この施工は西日本科学技術研究所の福留所長と石工の小松さんの指導のもと、高知県の土木職員や市町村職員の若手が施工したとのこと。素晴らしい!ですね。
e0066772_9263266.jpg下から見たものです。石組み工法は土佐の伝統的な組み方「土佐積み」の“くずれ積み”を採用しているとのこと。非常に自然に見えます。知らない人が見ると施工しているかどうか判別しがたいですね。しかし強度は相当なもののようです。
e0066772_9295292.jpg上から見たものです。きれいに、たまりを造っては落とす「ステップ&プール」の技法を使っています。
e0066772_931434.jpgたまり(プール)のところには楓の落ち葉が貯まりいい雰囲気です。生き物、生態系にもいい配慮になります。
e0066772_9332819.jpg護岸もこんな感じです。一定ではなく渓流の岸の雰囲気がよく再現されています。
e0066772_9361716.jpgこの箇所はこの区間を受注した業者が上記区間を見習って施工したものと思いますが、やはりだいぶん違っています。護岸は一定の石張りになり変化がなく、いかにも人工的です。河床も石の組み方はうまくいっていますが、一定であるのとステップ&プールができていません。故にどの箇所も同じ断面になっています。やはりどちらが、渓谷の程野に似合っているか明白ですね。
研修を受けた県の技術者の方々頑張ってください。
それと、こんな素晴らしい石組み技法が土佐にはあります。後継者が非常に少ないようです。この技法を残していく対策がほしいですね。もっと砂防工事等で採用してほしいものです。
[PR]
by taiga_n | 2005-11-25 09:41 |

ついでに程野の紅葉

e0066772_15574068.jpg

[PR]
by taiga_n | 2005-11-24 15:57 | 風景

紅葉

e0066772_2133346.jpg

e0066772_2134929.jpg
e0066772_6544147.jpg
e0066772_21342840.jpg
すべて本川です。本川は紅葉のしかたが他と違います。景色も豪快です。 本川の紅葉は最終盤です。
[PR]
by taiga_n | 2005-11-23 21:34 | 風景

自然林

e0066772_2237043.jpg本川、手箱山のブナ林です。大きい木と木の間隔が5m~10mあります。絶妙で見ていて気持ちいいです。自然の美しさに圧倒されます。
e0066772_22402611.jpgブナとヒメシャラの林です。
[PR]
by taiga_n | 2005-11-22 22:41 | 森林

三つ又

e0066772_10194557.jpg野中兼山が造った三つ又の用水路です。里地ネットワークの竹田さんが是非見たいとのことで案内しました。
e0066772_10224518.jpg水路脇には木が生い茂っておりなかなかの風情です。当時の面影をかいま見ます。
e0066772_10243981.jpg水路脇の歩道です。直線に近い水路脇を少し蛇行させたりアップダウンさせたり工夫がなされています。気持ちのいい歩道です。
e0066772_1026564.jpg直線形のところも若干の変化をつけています。樹木の表情もいいですね。野市町がウォーキングトレイル事業で整備したようです。
e0066772_10305624.jpg竹田さんも気持ちよさそうに歩いています。
[PR]
by taiga_n | 2005-11-21 10:32 | 風景

石清水

e0066772_16335338.jpgよく行く棚田の途中にある石清水です。「こうのすの水」と呼ばれているとのこと。岩の隙間よりこんこんと湧き出ています。こけの種類や色で清浄な水であることがわかりますね。
e0066772_1634583.jpgどんな渇水時でも涸れたことを見たことがありません。このあたりは蛇紋岩が多くこういう湧き水が結構あります。
e0066772_16391980.jpg複数箇所より湧き出ています。水を汲む姿がよく見られます。今日はペットボトル3本汲んで帰りました。数日後この水がおいしいものに変わります。
[PR]
by taiga_n | 2005-11-14 16:40 | 森林

美しき畑

以前越知の今成の畑を紹介しましたが、また違った美しさを誇る畑群があります。
e0066772_20202141.jpgここです。いろんなものが作られています。そのコントラストが非常に美しいですね。窪川、土佐市、南国、芸西、安芸、室戸などの施設園芸とは対極にある農業です。
e0066772_20213211.jpg実にホッとする癒し効果があります。これが本来の「農村の畑」風景ではないでしょうか。
ここは、いの町加田です。
[PR]
by taiga_n | 2005-11-10 20:24 | 風景