<   2006年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

にぎわう内子のからり

e0066772_10132629.jpgいつもながら、内子のからりは賑わっています。今は桃が飛ぶように売れていました。なかなかいい桃が実に安い!
e0066772_10153581.jpgスイカもたくさんあります。商品を持ち込んでいたおばさんに声かけられました。「みな完熟状態で収穫して、すぐに持ってきているのでおいしいよ」と、笑顔で言っておりました。また、からりに限らず愛媛の直販所は品種が多いのが特徴です。系統出荷、施設園芸が少ないためでしょう。高知とはだいぶん様相が違いますね。役場の方曰く「ここの商品は自給農業の延長線の商品ですのでほとんどが農薬等はあまり使ってません」とのこと。こういう農業を活かすことがかえって武器になっていることがよくわかります。
e0066772_1026297.jpgからりの特徴のもう一つ、30度を超える暑い日ですが、こうやって林の中でくつろぐ方が多いのです。夏には涼になり、冬には木漏れ日になります。いい感じの雑木林です。 
[PR]
by taiga_n | 2006-07-27 07:11 | お店

変わる梼原の街並み

以前、梼原は建設ラッシュの様相であると伝えましたが、だいぶん輪郭が見えてきました。
e0066772_1013759.jpg
拡幅された道路による街並みの輪郭がはっきりしてきました。
e0066772_1032110.jpg
都会的なお店が並び、既にオープンしています。
e0066772_1042415.jpg
これから取り壊される古い八百屋さんでしょうか。
e0066772_1052215.jpg
役場の外観はおおかたできあがっていました。昭和の時代の商店街の雰囲気があった街でしたが、かなりモダンな街に変わってしまうようですね。
[PR]
by taiga_n | 2006-07-27 06:07 | 風景

下北の風景

e0066772_10161932.jpg下北半島を少し覗いてきました。ここは六ヶ所村南端ぐらいでしょうか。太平洋からの風が「びょ~びょー」と吹いていました。
e0066772_10192481.jpg「びょ~びょー」とした風はいつも吹いているようです。至るところに風車が回っています。
e0066772_10215298.jpgまた、いたるところに沼や湖があります。高知では考えられない風景です。
e0066772_10232532.jpg住宅も水辺にあります。冬は風の吹き抜ける原野となるようですが、夏場は実にうらやましい風景に映ります。しかし、高知との環境の違いは相当なものです。日本も狭いようで広いですね。生活文化や産業もかなり違うのでしょうね。いろいろ想像しながら車を走らせていると風景が実に新鮮ですね。
e0066772_10263696.jpg港にはイカ釣り船が大漁旗をなびかせていました。
e0066772_10275482.jpgここは大畑のキノップ海岸です。コンクリートで固めた消波壁を壊して、自然な消波ブロック(岩状)に置き換え自然生態系の再生を果たした有名なところです。まったく自然に帰っており知っている人以外はわかりませんね。
e0066772_10314417.jpgここは薬研温泉カッパの湯です。渓流沿いにある野趣満点の露天風呂です。
e0066772_10325783.jpgこういう無名の露天風呂もありました。なかなか奥深い趣のあるところです。
[PR]
by taiga_n | 2006-07-18 06:13 | 風景

豊年エビ

最近バタバタしパソコンにさわる頻度が落ちていました。久しぶりの更新です。
e0066772_9511434.jpg
少し見にくいですが、ここは佐川の友人の田んぼです。驚いたことに豊年エビが大量におりました。近くにいた高校生に教えると早速捕獲開始しました。私のつくっている田んぼはドジョウ等がたくさんおりますが豊年エビは見かけません。平地の田んぼでは、田んぼの中で生息している生き物は稲だけというものが多い中、少しホッとしました。「生態系の中で育った稲」の価値が上がらないものでしょうか。
[PR]
by taiga_n | 2006-07-17 06:50 | 生きもの