物部川を北上

久しぶりの書き込みです。もう一つのブログを更新するのが精一杯の日々で、余裕のない証拠ですな。こちらのブログは陰に隠れています。
e0066772_1428343.jpg
物部川の河口で正面から飛行機が飛び立ちましたので思わずパシリ、よく機体が入りました。今日もとてもいい天気です。
e0066772_1430131.jpgここは香北の美良布を過ぎたあたりの山(御在所山あたりか)です。尾根の松がことごとく枯れているような感じです。どうしたのでしょう。
e0066772_1435455.jpgここは物部の入り口永瀬ダムです。濁水で有名になりました。最近は雨が降っていませんのでだいぶん濁りはとれていますが、このあたりが限界でしょう。選択取水の検討がされているようです。が、根本原因(発生源)は手入れされていない人工林ですので、縦割りを越えてここをどう解決すべきか検討してほしいものです。
e0066772_14433623.jpg引っ越しした「渓鬼荘」は日に映え集落の中心で堂々と胸を張っていました。
[PR]
# by taiga_n | 2006-10-30 18:22 |

メジカの新子

e0066772_21485990.jpg
久礼の大正市で売られていたメジカの新子です。これで200円です。メジカはアタリますのでメジカを生で食べるのは高知でも須崎、中土佐ぐらいのようです。
e0066772_21523713.jpg
200円で買って、食堂へ持ち込み700円のカツオの刺身定食と一緒に食べました。カツオの刺身がカスミます。200円の新子が数倍うまいですね。食感、味、最高です!ちょっと危ないものには魅力があります。最高の逸品です。毎年9月が来るのが楽しみです。ちなみに私は新子にあたったことはありません。
e0066772_21575117.jpg

[PR]
# by taiga_n | 2006-09-21 21:57 | スローフード

ラッキョウ植え

e0066772_2137058.jpg
西南大規模公園内にあるラッキョウ畑です。植付けがおこなわれていました。作業されている方は大変なのでしょうが、とてものんきな雰囲気が漂っています。この作業はこの地域の風物詩ですね。
e0066772_21395315.jpg

[PR]
# by taiga_n | 2006-09-21 21:41 | 風景

室戸

e0066772_20294420.jpg久々に室戸方面へ出向きました。この施設は県議会でも問題になり、商工労働部長が辞任した「シュウウエムラ」の施設です。実はわたくしこの問題が起きるまで、シュウウエムラ氏がカリスマ的存在の人とはまったく知りませんでした。名前は聞いたことがあったのですが・・・お恥ずかしい。この日も雨にもかかわらず結構入っているようです。この施設は室戸にとって救世主的なもの? 私はあまり興味を抱くことができませんが。
e0066772_20374994.jpg
この烏帽子岩は、その施設の近くにありますが、私にとってはこの岩のほうが気になります。
[PR]
# by taiga_n | 2006-08-17 20:39 | 風景

西土佐ならではの遊び

e0066772_713663.jpg旧西土佐村へ久しぶりに行きました。緑のトンネルを抜けて西土佐にはいると「西土佐の夏」を象徴する光景が目に入りました。
e0066772_732949.jpg
四万十川中流域にかかる沈下橋でしかできない光景です。たくさんの子供の歓声が聞こえます。いいですね。
e0066772_751556.jpg
このあたりの夏の風物詩ですね。
e0066772_76734.jpg
しかし気がかりな風景も。四万十川に釣り人の姿がありません。窪川から西土佐までの間ではほとんどアユ釣りを見かけませんでした。今年もアユは少ないようです。
[PR]
# by taiga_n | 2006-08-03 07:08 |

夕焼け

e0066772_174053.jpg
今日の夕方は空が真っ赤に焼けちょりました。ちょっと異様な色でしたが子供は大喜びです。夏の夕焼けはあまり聞きませんが、今年は秋が早いがやろうか?
[PR]
# by taiga_n | 2006-08-01 20:03 | 風景

仁淀川 八田の水制

e0066772_10225993.jpg仁淀川の八田の水制に近付いてみました。この水制は護岸用で不透過の水刎ね水制です。うっそうとした河畔林を抜けると見えてきました。上流より二つ目の水制です。
e0066772_10255725.jpg先端部です。長年の働きでだいぶん痛んでいますが、強烈に水を中心に向けて刎ねています。水深も結構深くなっています。
e0066772_1027468.jpg水制と水制の間は逆流し穏やかな空間をつくっています。魚の避難地にはピッタリですね。
e0066772_10295712.jpg水制によりつくられた穏やかな空間は、船のたまりや避難地にも利用されています。
e0066772_1032575.jpg水制により守られている河畔林です。水制により多様な空間がつくられ利用されています。生態系も豊です。
e0066772_1034356.jpg壊れたコンクリートの下から木工沈床が覗いていました。かなりの古さです。八田の水制は木工沈床(木枠を組み石を積めた伝統的構造物)にて組まれていたのですね。おそらく昭和の初期頃の施工と思われますが、木はまったく腐っていません。叩いてみても堅さも十分です。
[PR]
# by taiga_n | 2006-08-01 06:21 |

にぎわう内子のからり

e0066772_10132629.jpgいつもながら、内子のからりは賑わっています。今は桃が飛ぶように売れていました。なかなかいい桃が実に安い!
e0066772_10153581.jpgスイカもたくさんあります。商品を持ち込んでいたおばさんに声かけられました。「みな完熟状態で収穫して、すぐに持ってきているのでおいしいよ」と、笑顔で言っておりました。また、からりに限らず愛媛の直販所は品種が多いのが特徴です。系統出荷、施設園芸が少ないためでしょう。高知とはだいぶん様相が違いますね。役場の方曰く「ここの商品は自給農業の延長線の商品ですのでほとんどが農薬等はあまり使ってません」とのこと。こういう農業を活かすことがかえって武器になっていることがよくわかります。
e0066772_1026297.jpgからりの特徴のもう一つ、30度を超える暑い日ですが、こうやって林の中でくつろぐ方が多いのです。夏には涼になり、冬には木漏れ日になります。いい感じの雑木林です。 
[PR]
# by taiga_n | 2006-07-27 07:11 | お店

変わる梼原の街並み

以前、梼原は建設ラッシュの様相であると伝えましたが、だいぶん輪郭が見えてきました。
e0066772_1013759.jpg
拡幅された道路による街並みの輪郭がはっきりしてきました。
e0066772_1032110.jpg
都会的なお店が並び、既にオープンしています。
e0066772_1042415.jpg
これから取り壊される古い八百屋さんでしょうか。
e0066772_1052215.jpg
役場の外観はおおかたできあがっていました。昭和の時代の商店街の雰囲気があった街でしたが、かなりモダンな街に変わってしまうようですね。
[PR]
# by taiga_n | 2006-07-27 06:07 | 風景

下北の風景

e0066772_10161932.jpg下北半島を少し覗いてきました。ここは六ヶ所村南端ぐらいでしょうか。太平洋からの風が「びょ~びょー」と吹いていました。
e0066772_10192481.jpg「びょ~びょー」とした風はいつも吹いているようです。至るところに風車が回っています。
e0066772_10215298.jpgまた、いたるところに沼や湖があります。高知では考えられない風景です。
e0066772_10232532.jpg住宅も水辺にあります。冬は風の吹き抜ける原野となるようですが、夏場は実にうらやましい風景に映ります。しかし、高知との環境の違いは相当なものです。日本も狭いようで広いですね。生活文化や産業もかなり違うのでしょうね。いろいろ想像しながら車を走らせていると風景が実に新鮮ですね。
e0066772_10263696.jpg港にはイカ釣り船が大漁旗をなびかせていました。
e0066772_10275482.jpgここは大畑のキノップ海岸です。コンクリートで固めた消波壁を壊して、自然な消波ブロック(岩状)に置き換え自然生態系の再生を果たした有名なところです。まったく自然に帰っており知っている人以外はわかりませんね。
e0066772_10314417.jpgここは薬研温泉カッパの湯です。渓流沿いにある野趣満点の露天風呂です。
e0066772_10325783.jpgこういう無名の露天風呂もありました。なかなか奥深い趣のあるところです。
[PR]
# by taiga_n | 2006-07-18 06:13 | 風景